読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありふれたちやまのブログ

ごく普通の学生YouTuber"ちやま"が書きたいことを書きたいだけ載せている場所です。暇つぶし程度に見ていってください。(本ブログに貼り付けられているAmazonリンクは、Amazonアソシエイトを利用しています。)

Kindle Paperwhite マンガモデルの魅力とは


どうも、Kindleを買ってから月々のお小遣いの1/3が本に消え続けているちやまです。
さて、先日Amazonから発売されたKindle Paperwhiteシリーズの最新モデル「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」。今回は今までのKindle Paperwhiteシリーズと何が違うのか比較しながらマンガモデルの魅力を探ろうと思います。
https://www.amazon.co.jp/dp/B01FIG3SMC/ref=cm_sw_r_cp_api_xhJcybTM9XVE4

今回のマンガモデルで変わったのは主に3点。
・ストレージ容量が32GB
・ページめくりが33%高速化
・最大毎秒7ページの飛ばし読み機能
1番インパクトが大きいのはやはりストレージ容量でしょう。これまでのKindleはすべて4GBしかありませんでした。今回のマンガモデルは8倍の32GB。マンガを約700冊保存できるとのことです。これはたまらん(じゅるり)。
また、ページめくりが33%高速化しましたが、これに関しては今後のソフトウェアアップデートで従来のKindleにも適用されるそうなので大きな変化にはならないでしょう。(アップデート対象となるのは、Kindle、第6世代以降のKindle PaperwhiteKindle Voyage、Kindle Oasisです)
また、マンガモデルでは3Gモデルは廃止されています。マンガは容量が大きく、これまでも3G回線ではダウンロードできませんでしたので、ラインナップが無いのは当たり前といえば当たり前なのですが、やはりあると便利ですよね。
価格ですが、プライム会員が12,280円。非プライム会員だと16,280円になります。普通のKindle Paperwhiteより2,000円ほど高いです。

さて、ざっと見ましたが実質的に変わったのはストレージ容量のみ。マンガをたくさん読む人には+2,000円払う価値があると思いますが、小説がメインの人には必要ないと思います。
(microSDカードスロットがあればよかったのにな〜)