ありふれたちやまのブログ

ごく普通の青年"ちやま"が書きたいことを書きたいだけ載せている場所です。(普通とは)暇つぶし程度に見ていってください。(本ブログに貼り付けられているAmazonリンクは、Amazonアソシエイトを利用しています。)

せっかく第8世代Coreのラインナップが増えたので、家庭用PCの構成を考えてみる。ー2018.Intel Verー

この前の記事でRyzen 3 2200Gを使用した家庭用PCの構成を考えてみましたが、Intelも第8世代Coreアーキテクチャを採用したCPUのラインナップを拡大させており、先日の発表でローエンドモデルも登場したので、今回はIntel CPUを使った家庭用PCの構成を考えていきたいと思います。といってもCPUとマザーボードとメモリ以外は同じですが()

 

 

 

・CPU

 CPUは最新のIntel Pentium Gold G5600を採用する価格は以前紹介したRyzen 3 2200Gとほとんど同じだ。コア数が2コア4スレッドと、Ryzen 3の4コア4スレッドと劣るが、スレッド数は同じだし、シングルコア性能はIntelの方が上だ。何より普段使いでコア数を要求するソフトを使うことはほとんどないし問題ないだろう。ただしRyzen 3 2200Gと違ってiGPUが貧弱なので、そこは気になるかもしれない。が、これもゲームなどをしないなら気にならないレベルの問題だ。ちなみに、これより更に下位モデルのG5400は約8,000円で入手可能だ。Celeronならもっと安くなる。

 

・メモリ

 下位モデルではメモリの周波数は2400MHzまでとなっている。Ryzenと違ってメモリ性能で全体のパフォーマンスが大きく変わることもないので、ここもあまり気にしなくて良い。周波数が前回より低いこともあり、安くなっている。

 

・CPUクーラー

f:id:Chiyamax:20180412132620j:plain

CPUクーラーに関しては、ケースの制約上背の低いものしか使えないが、Intelの場合付属のリテールクーラーが十分に小さいので別途買う必要はないだろう。

 

・ストレージ

Crucial [Micron製] 内蔵SSD MX300 525GB ( 3D TLC NAND / M.2 Type / 3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD4/JP

Crucial [Micron製] 内蔵SSD MX300 525GB ( 3D TLC NAND / M.2 Type / 3年保証 )国内正規品 CT525MX300SSD4/JP

 

ストレージに関しても前回と同じ、SATA接続のM.2 SSD、Crucial MX300を選定。最近サムスンSATA接続の新型を発表したが、個人的にSSDIntelかCrucialがおすすめだ。

 

マザーボード

ASRock Intel H310チップセット搭載 Mini-ITXマザーボード H310M-ITX/ac

ASRock Intel H310チップセット搭載 Mini-ITXマザーボード H310M-ITX/ac

 

マザーボードには下位のH310チップセットを搭載したASRockのmini-ITXマザーを選定。下位モデルということもあり安い。気軽に組むにはもってこいの製品だ。

 

・ケース

ケースも以前と同じIn Win Chopinを使用する。CPUクーラーや電源の制約はあるが、片手で持って運べるコンパクトさは代え難いものがある。何よりシンプルで格好いい。

 

・OS

OSもいつも通りWindows 10 Home。前回も話したが、特殊なソフトを使わない場合や安く抑えたいならLinuxで代用するのも手だ。

 

 

 

 

 

今回はIntel製CPUで安く組む家庭用PCの構成を紹介した。前回のRyzenより多少は安くなるので、グラフィックス性能を重視しないのであればこちらをお勧めする。CPUを下位のG5400などにすればもっと安く済む。