ありふれたちやまのブログ

ごく普通の青年"ちやま"が書きたいことを書きたいだけ載せている場所です。(普通とは)暇つぶし程度に見ていってください。(本ブログに貼り付けられているAmazonリンクは、Amazonアソシエイトを利用しています。)

お年玉でグラボを新調した話 MSI Radeon RX560 AERO ITX 4G OC【開封レビュー】

いやー、いろいろ忙しいのと気分が乗らなかったのもあって、しばらくブログをほったらかしてしまいました。申し訳ありませんでした。というわけで新年1発目はPCネタです。

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6359

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6359

 

f:id:Chiyamax:20180118195249j:image

はい、今回はお年玉でグラボを新調しました。CPUも買い換えたかったのですが、お年玉の大半をフライトシミュレータ関連に費やしてしまったので、今回はグラボだけです。これまでメルカリで買った中古のRadeon HD5770で運用してきましたからね。扱われてもおかしくなかったので、壊れる前に買い換えられて良かったです。それでは詳しく見ていきましょう。

 

 

 

f:id:Chiyamax:20180118195521j:image

箱を開けると、本体と保証書関連が。本当はAmazonで買いたかったのですが、在庫不足で発送が遅れそうだったので、即日発送できるドスパラで注文しました。将来的にはmini-ITXマザーを利用したコンパクトな機材にしたいので、一足先にグラボだけショート基板のものをチョイスしてみました。(たぶんその頃には別のグラボ買ってそうだけど)

 

f:id:Chiyamax:20180118195926j:imagef:id:Chiyamax:20180118195952j:image

グラボを袋から出しました。最近のゲーミングモデルはゴツゴツした派手なものが多いですが、私はこんな感じでシンプルなデザインが好きです。ASUSさんがTURBOシリーズのグラボのラインナップにRadeonを追加してくれたら絶対買うんですがね、あれGeForceしかないんですよ。

ASUS NVIDIA GeForce GTX1060搭載ビデオカード メモリ6GB TURBO-GTX1060-6G
 

んで背面ですが、ハイエンドのグラボというわけではないのでバックプレートは装着されていませんね。安心感が違うので、ローエンドモデルでもバックプレートは装備して欲しいです

ね。f:id:Chiyamax:20180118200518j:image

映像出力は、DVI、HDMI、DisplayPortがそれぞれ一基ずつあります。そろそろDVIは引退させて、代わりにHDMIやDisplayPortを増設して欲しいですね。f:id:Chiyamax:20180118200715j:image

 

マザーボードとの接続はPCI Express x16です。実際に使用する帯域はx8までなのですが、しっかりとx16まで配線されているようです。

 

というわけで、外観はこのくらいにして、次回、ベンチマーク編をお届けしたいと思います。ではでは〜。

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6359

MSI Radeon RX 560 AERO ITX 4G OC グラフィックスボード VD6359